ハケンアニメ!

Cast

吉岡 里帆 (「サウンドバック 奏の石」
監督 / 斎藤 瞳)

公務員出身の新人アニメ監督、斎藤瞳を演じさせて頂きました。
1本のアニメが生まれるまでの軌跡と、アニメーター達の死闘を描く今作。日本の宝とも言えるアニメーション作品ですが、その裏では想像の何倍も何十倍も地道な作業が繰り返されています。
アニメーター達の底知れない才能が日夜コンテとなり原画となり動画へと昇華されていく…
素晴らしいアニメを見た時、抑え切れない感動を覚えるのと同じようにそんなアニメ作品を作る人々の想いに触れた時きっと今までにない感動が届くと撮影をしながら毎日思っていました。どうぞ『ハケンアニメ!』をよろしくお願い致します!

中村 倫也 (「運命戦線リデルライト」
監督 / 王子 千晴)

王子千晴役、中村倫也です。
台本を読みながら何度も「ある、ある。」と、この職業独特の〝クリエイター熱〟に頷いてしまいました。覇道に足を踏み込みながらも、悩み多き、王子という人間を演じることができて幸せです。きっと多くの人が、魂を削りながら仕事への情熱を注ぐ彼らを見て、日々を生きるエネルギーを受け取っていただけると思います。監督・吉野耕平の世界を乞うご期待!!

柄本 佑 (プロデューサー /
行城 理)

行城はクセが強めなのですが同時に人間臭くもあるヤツだと思い現場に臨みました。吉野監督は線が細く声が小さく、挙動不審なところがありますがその見た目からは想像できないほど頑固で芯の通った男らしさがありました。アニメ業界を生きる骨太な人間ドラマが時に軽妙に、時に深刻に描かれます!是非楽しみにしていて下さい!

尾野 真千子 (プロデューサー /
有科 香屋子)

希望、夢、憧れ、進むべき道、そんなキラキラした物語の中にいました。
久しぶりに恋なんかしたりして。
妖精のような吉野監督とのやりとり楽しかったです!
どんな風に繋がっていくのか楽しみです!

工藤 阿須加 (市の観光課職員 /
宗森周平)

僕が演じさせて頂いた周平は、アニメに対して、地域に対してみんなに寄り添って楽しんでもらうために尽力してる誠実な人なんだなと感じました。

僕自身、アニメが大好きなので今回この作品に携わらせて頂けて嬉しかったですし、ロケ場所も素敵で楽しく撮影する事が出来ました。

小野 花梨 (作画スタジオ「ファインガーデン」
アニメーター /
並澤和奈)

天才アニメーターということで、まずは先生にアニメの基礎となるイラストを描く基礎から教わるところから始まりました。私が何気なく繰り返した鉛筆の動かし方をプロは絶対にしないよと教えて頂いた事がとても印象に残っています。
どうしたら普通のアニメーターではなく天才と呼ばれるようなアニメーターに見えるのかを先生と相談しながら作る作業が非常に勉強になりました。
普段はポケッとしていて冴えない女性ですが、作画やアニメに対する想いが強い頼もしい女性です。
愛情たっぷりの並澤和奈を演じる事が出来てとっても楽しかったです!

高野 麻里佳 (声優 / 群野葵)

群野葵役、高野麻里佳です。
普段声優として活動している私ですが、この度は「声優・群野葵」役として実写で出演いたしました。実写の演技が右も左もわからないまま飛び込んだオーディション。
面接会場のような空間で1人、自身の体を使った演技を見ていただくのは声優現場とは全く違う緊張感がありました。
ただ、いただいた資料を見た時、私は葵ちゃんの気持ちがわかる気がしたんです。
「アイドル的人気で主役に起用された若手声優」葵の、逞しさや悔しさ。一人の役者として、葵ちゃんを精一杯表現してあげたいと思いました。

声優やアニメを作るスタッフさんは、いわゆる裏の技術職で、スポットを当てていただくことはあまりありませんでした。
映画内で、多くの人が思い思いの情熱をアニメに注ぐ様を目の当たりにして、世に出たアニメ作品たちがどうして輝いているのか、納得させられました。
それだけでなく更に輝きを増して見えるような、声優としても身が引き締まる作品になっています。
群野葵としては、吉岡里帆さん演じる斎藤瞳監督との熱いアフレコシーンに注目してほしいです!

アニメ好きの皆様、映画好きの皆様、ぜひ劇場でお会いしましょう!

前野 朋哉 (制作デスク / 根岸)

様々な人が集まり、モノづくりするんだからドラマチックなのは必然。関わった人間の数だけ強い「オモイ」があるのです。
今回はアニメを作る過程に加え、その作品を世に送り出す『宣伝』という仕事にもスポットが当たります。
知れば知るほど、今後作品の見方も豊かになるはず。
昨今の映像業界は人材不足です。この映画をご覧いただき、「オモイ」が生まれたのなら、あなたも一緒にモノづくりしませんか?

古舘 寛治 (宣伝マン / 越谷)

アニメについての映画だからアニメ部分がとても重要だと思うけど、宣伝ポスターがとてもカッコ良かったのでアニメ好きだった子供心をくすぐられました。
まだアニメ部分は観れてないので楽しみです。
アニメ業界も労働環境は過酷なのだと知り、日本はどこもそうなんだな〜としみじみ思ったのを覚えています(笑)

徳井 優 (脚本家 / 前山田)

大御所のシナリオライター役でしたが、
何故かしら撮影時の記憶はやたらとお菓子を食べてたこと(笑)
とにかくやたらと。
原作を読むまで知りませんでしたが、アニメの現場は本当にたくさんの人が関わっている。
単純にそのことに感動しました!
そして、そのことが映画を観たお客様にも伝わることを願っています。

六角 精児 (作画スタジオ
「ファインガーデン」
社長兼
アニメーター / 関)

今回、アニメの製作現場の世界を芝居を通して垣間見ることが出来、つくづく「人を楽しませる」事の大変さを教えられた気持ちです。この映画でより多くの人に苦難の先の喜びの尊さが伝われば幸いです。

矢柴 俊博 (作画監督 / 河村)

新谷 真弓 (編集 / 白井)

松角 洋平 (演出 / 田口)

水間 ロン (フィギュア会社 企画担当 /
逢里哲哉)

みのすけ (放送局の重役 / 星)

前原 滉 (アニメショップ 店員)

Staff

吉野 耕平 (監督)

本作は、もともと自分が映画化したかった原作企画を、逆に監督オファーを頂くという幸運に恵まれた作品でした。ちょうど自分自身が長編第一作目を撮った直後の、新人監督としての記憶も生々しいこの時期に、同じ新人監督の物語を描けたことの幸運と、さらに、素晴らしいキャスト・スタッフと共にその作品に挑めたことの幸運を、今は噛み締めています。様々な映像ジャンルを横断した、この作品ならではの共演をぜひお楽しみいただければと思います。願わくばこの作品が、スクリーンの向こうの誰かの幸運な出会いにつながりますように。幼い頃からずっと憧れてきたアニメの世界と、この作品を通じて関わることができたのは、本当に一生の幸運でした。

辻村 深月 (原作)

『ハケンアニメ!』は私の小説の中では最も映像化が難しいタイトルだと思っていました。理由は、作中に登場する二本のアニメ。「その期の覇権をとる」と言われるようなクオリティーのアニメを現実に映像内に再現してもらうのはまず無理だろうと諦めていました。
だけど──今回、素晴らしいスタッフとキャストの皆さんの力を借りて実現しました。私の描いた王子が、香屋子が、瞳が、行城がここにいる。彼らの作るアニメがここにある。劇場で彼らの軌跡を目撃できるのが、今から楽しみでなりません。